サーフミニ

ここでは、住友不動産が販売している不動産投資商品「サーフミニ」について、出資者からの評判などをふまえて商品の特徴を解説します。

サーフミニの商品概要

サーフミニの特徴

不動産投資商品のサーフミニには大きな2つの特徴があります。

1.3大ディベロッパーの一つ・住友不動産の投資商品

サーフミニは、三菱地所、三井不動産とならぶ3大ディベロッパー・住友不動産から発売されている不動産投資商品。運用実績とは異なりますが、マンション販売戸数では全国1位の実績や、都内に200以上のビルを所有するなど、会社としての信頼性は抜群です。

2.一口100万円からの少額投資

サーフミニは、一口100万円からの少額投資が可能。発売当初は一口500万円と一般人には高額でしたが、現在では多くの人が気軽に利用できる投資商品となりました。会社の知名度と投資のしやすさから、新商品をリリースすると1ヶ月~3ヶ月ほどで完売するほどの人気です。

サーフミニの概要

1999年に登場したサーフミニですが、当初は一口500万円でした。J-reitなども浸透した現在から考えれば非常に高額な投資商品ですが、当時の不動産投資の常識に照らせば極めてお手ごろな金額でもありました。サーフミニの登場によって不動産投資が一般の人にもグッと近づいたことは確かでしょう。

当時、バブルの崩壊なども経験していた日本にとって、不動産投資はハイリスクであるという認識が常識化している中、サーフミニの運用は順調に推移。高利回りであるにも関わらず、元本割れを起こさない商品として、じわじわと人気が上がりました。現在までに60本のサーフミニが発売されていますが、それらのうち償還時に元本割れを起こした商品は一つもありません。

万が一、償還時の評価額が元本を割っていたとしても、サーフミニが採用する「優先劣後システム」によって、出資者の元本は高い確率で保全されます。

サーフミニの運用実績

サーフミニの分配金実績は、おおむね2%程度。過去60本の運用商品のうち、一度も予定分配金を下回ったことはありません。

なお、すでに説明したように、サーフミニでは「優先劣後システム」を採用しています。具体的には、償還時の元本下落率が30%以内だった場合には、その損失部分を運営会社である住友不動産が負担するというもの(損失補てんとは異なり適法処理です)。このシステムは分配金にも及ぶことから、仮に不動産収益が悪化したとしても、出資者が不利益を負担するのは後回しになる仕組みとなっています。