国債

投資は初心者という人でも安全な資産運用法として、国債をピックアップ。投資のメリット・デメリットに加えておすすめ商品も紹介しています。

初心者でも安全な資産運用・国債について

国債とは、国が発行する債券です。簡単に言えば、国債への投資とは、「日本にお金を貸して、利息をもらうこと」です。

国債は返済期間に応じて、「5年国債」「10年国債」などがあります。国債は毎月発行していますので、証券会社や銀行、郵便局などの金融機関にいけば簡単に買えます。

国債の魅力とリスクとは

債券はいわゆる「借用書」のようなものです。投資にはリスクがつきものですが、特に債券の場合は返してくれる相手が「どれくらい信頼できるか?」ということがポイントといえます。

その中で国債は「国が保障している」ので一番安全といえるでしょう。ある意味、民間企業のひとつである銀行よりも安全といえるかもしれません。

さらに、国債は銀行などに比べて預ける期間が長いので、利息も定期預金などに比べると高くなっています。

国債は「満期まで持つ」のが基本ですが、ある一定期間を過ぎれば途中で換金することもできます。

けれども、このとき注意しなければならないのが、中途解約するときは「元本割れ」する可能性があること。

国債は満期の場合は元本保証していますが、中途解約の場合はそのときの国債の値段で売却しなければなりません。「もしかしたら使うかもしれない」お金は国債にはあてない方が良いでしょう。

国債のおすすめ商品「固定5」

国債「固定5」「固定5年」は、発行時に設定された利率が満期まで変わらない「固定金利」の国債です。
募集期間開始日の2営業日前の市場実勢利回りを基に計算した「基準金利」をもとに利率を計算します。

例えば、2014年3月に発行された第35回の国債は、基準金利が0.20%で、利率は0.15%(2014年6月時点)となります。利率には20%の税金がかかるので、税引後の利率は0.1195275%となります。

このように、発行された時点で最終的な投資結果を知ることができるのが「固定5」なのです。

国債にはほかにも金利が変動する「変動10」と「固定3」がありますが、利率とリスクを考えるとこの「固定5」が一番おすすめできるといえるでしょう。

初心者でも安全な資産運用法をこちらで比較しています