株式投資

株価変動による損益リスクのある株式投資ですが、初心者におすすめな安全性の高い商品もあります。初心者向けの資産運用「ミニ株」をピックアップしました。

初心者向けの仕組みもある資産運用・株式投資

株式投資とは、企業の事業資金調達のために、発行された有価証券を買うことです。

国債や地方債と違う点は、株式を購入、出資している(国債のような債券ではない)ため、企業は投資家に対しての償還義務がないこと。

投資家は株を買うことで株主となり、株主総会に参加したり、利益配当の分配を受けることができるのです。

株式投資の魅力とリスク

株式投資から得られるメリットには、値上がり益、配当金、株主優待、そして株式分割があります。

株式投資での魅力はやはり株そのものの値上がりによる売却益です。また、1年以上の保有をする場合は、企業が得た利益の中から、株主に対して分配される配当金や株主優待なども期待ができます。

さらに、株式を持っている会社が株を分割すれば、持っている株の量が大きく膨らむこともあります。

一方で、株式は価格が日々変動するため、保有している銘柄が思惑をはずれ株価が大きく下げた場合には、損失を被ることもあります。

また、配当や優待は企業の業績や方針によってまったくないということも。

そして最悪の場合は、保有している企業の倒産が倒産した場合は、株式の価値がゼロ、つまり紙くず同然になることもあります。株式投資とは、ハイリターンである分、リスクも高いといえるでしょう。

初心者向けの株式投資「ミニ株」

普通、証券会社で売買ができる株式は、A社なら100株単位などまとまった単位でしか取引ができないようになっています。

けれどもミニ株なら、この売買単元の1/10の価格から取引できます。これはオフィシャルな制度ではなく、証券会社が独自に開発・提供しているサービスです。

ミニ株による配当金や株式分割などは、持株数に応じて配分されるので、投資金額を小額から始めたいという方には最適です。

買い足して数が規定に達すれば、単元株になり、優待なども受けられるようになります。普通の10分の1の価格で投資が始められるというのは大きな魅力といえるでしょう。