不動産投資信託

投資は初めての人でも取り組みやすい、低リスク・高利回りの不動産投資信託「みんなで大家さん」をピックアップ。不動産投資信託のメリット、デメリットも解説しています。

比較的少ない資金で始められる不動産投資信託

不動産投資は、物件の売買や維持・管理に多額の資金とさまざまな手続が必要なため、 ハードルの高い資産運用法といえます。 この不動産投資を、複数のオーナーによる共同出資にすることで、比較的少ない資金で始められるのが不動産投資信託です。

株式投資に例えれば、株式会社にあたるものが「投資法人」、株式にあたるものを「投資口」といいます。

投資法人は、投資家から集めた資金等を原資として、それぞれの投資基準と運用戦略に基づき、オフィスビルや住宅などの不動産に投資します。そして、所有不動産から得られる賃貸収入をもとにした利益を、分配金として投資家に定期的に分配するのです。

不動産投資の魅力とリスク

投資法人は、不動産の売買・賃貸で資産運用を行い、その利益の90%以上を分配金として分配するため、法人税が免除されています。そのため、不動産投資信託は高い分配を実現しています。

また、不動産賃貸事業は長期の安定した収益が見込みやすい事業であるため、分配金も比較的安定しているといえます。

インフレになると現金資産は目減りしやすくなりますが、不動産は資産価値や賃料が上昇する傾向にあるため、インフレに強い投資といえるでしょう。

もちろん、不動産投資信託にもリスクはあります。投資法人が倒産すると何も残らなくなりますし、不動産市場全体の環境変化で、賃料相場や売却価値が下がると分配金が下がることもあります。

特にマンション投資などは、複数のマンションを購入するのは資金的に無理があり、結果的に、唯一物件への集中型投資になりやすいことも覚えておく必要があるでしょう。

おすすめの不動産投資信託「みんなで大家さん」

不動産投資信託「みんなで大家さん」みんなで大家さんは、不動産投資信託の中でも、高い利率を誇る商品です。みんなで大家さん6号では年利6%、20%の課税を差し引いても4.8%の利率(2014年6月調べ)です。

国債が0.15%、比較的金利が高い地方債も0.6%くらいであるのに比べれば、その利率の高さがわかるでしょう。

また、株、FXなどのハイリスクハイリターン商品に比べて、手間がかからないのも大きな魅力のひとつ。年6回、奇数月末日に分配されています。これまで一度も無配当がないというのも、安心できますね。

デメリットは投資単位が100万円とまとまった金額であることと、不動産投資のリスクは変わらないこと。運用は約3年ですので、3年間動かさないお金があるなら最適といえそうです。

初心者でも安全な資産運用法をこちらで比較しています

J-reitとは違うの?

J-reitとみんなで大家さんは、不動産事業に関わる事業者の仲介によって資金運用をしているという点では共通していますが、厳密に見れば大きな違いがあります。

J-reitは、出資口を東京証券取引所に上場させています。いつでも誰でも市場から出資口を購入したり、売買したりできる仕組みです。

売買がスピーディーに実現する反面、元本は株と同じように毎日大きく変動します。分配金は株に比べると若干高めですが、その分、投資家は元本の変動リスクを許容しなければなりません。

一方、みんなで大家さんは、出資口を上場させておらず、出資者は運営会社に資金を直接振り込む仕組みです。J-reitとは違っていつでもタイムリーに売買できるというわけではありませんが、逆のそれが元本の安定性に貢献している、ということにもなります。

またJ-reitの投資対象となる不動産は不特定多数であるのに対し、みんなで大家さんは特定の1軒のみ。家賃収入の安定性が高いため、分配金にも大きな変動が生じにくくなっています。

みんなで大家さんとJ-reitの比較

みんなで大家さんとJ-reitの違いを端的に比べてみましょう。

◆特徴の比較

  • J-reit…利率は株式よりも高い。一方で市場で常に価格が変動しているため、元本を大きく下回る可能性は常にある。
  • みんなで大家さん…国債や預金に比べて高い収益性。特定の一棟投資ということに加え、優先劣後システムの採用により元本の安全性を高める工夫がなされている。

◆収益の比較

  • J-reit…全銘柄の平均が3.65%(2016年10月14日時点)。
  • みんなで大家さん…6~7%前後が一般的。

◆換金方法の比較

  • J-reit…証券会社の口座を通じ、市場で売却して換金。
  • みんなで大家さん…都市総研インベストファンド株式会社に売却して換金(解約を申し出る)。

J-reitとは


REIT(不動産投資信託)は、1960年代にアメリカで開発された投資商品。その後、ヨーロッパ、アジアと拡大していき、2000年11月には日本で「投資信託及び投資法人に関する法律の改正」が施行。この法律に基づき、2001年3月に初めての日本版REIT(J-reit)である「日本ビルファンド投資法人」と「ジャパンリアルエステイト投資法人」が誕生しました。

2016年10月時点で、J-reit市場には56銘柄が上場しています。

J-reitの運用対象は様々です。それぞれの銘柄に個性がありますが(福岡の不動産を中心に運用する「福岡リート」など)、投資対象の多くは東京のオフィスビルとなっています。