その4・不動産投資信託編

不動産投資信託での資産運用はどうなのか?投資オーナーの成功・失敗の口コミを調査しました。

買って良かった!不動産投資信託の資産運用で満足な口コミ集

他の投資に比べて利回りが良い。私が運用している「みんなで大家さん」は5〜7.5%です。さらに、元本保全体制がしっかりしているので、リスクヘッジになります。不動産保持は難しい年収ですが、これなら安心して運用できます(52歳 女性)。

不動産投資信託は、半年後くらいの値動きが見えやすいと思います。理由は政府のJ−REIT支援策等の情報が手に入れやすいから。今後はヘルスケア特化型REITなどにも注目しています(28歳 男性)。

リスクに見合うだけの利益が出せる商品なのが不動産投資信託。私は「みんなで大家さん」に出資していますが、安定運用している上に年7.5%の分配実績があるのが大きい。きちんと資産を殖やすことができそうです(49歳 男性)。

不動産投資信託のメリットは何と言っても運用利回りの良さ。「みんなで大家さん」のように安定して配当を出している会社も多く、安心できる投資といえそうです。

買って失敗!?不動産投資信託のこんなところが不満!

賃料収入が滞ると、リスクになる点。そこの部分をきちんとケアできる、安定運用している信託を選ぶ必要があります。人口減のリスクもあるので、あまり長期保有はできないかもしれません(45歳 男性)。

アパート一棟、マンション1室に比べれば安いですが、他の投資に比べると単価が高い。お試しで50万円以上というのはちょっと躊躇します(53歳 女性)。

不動産投資のデメリットは家賃収入リスク。見込み数字をきちんと償還できるかどうかがポイントになりそうです。たとえば、「みんなで大家さん」は出資金の返還を請求できる制度があるなど、安心して運用できる制度が整っているところを選ぶ必要があるでしょう。