「みんなで大家さん」が投資初心者におすすめの理由

投資を始めたいが、何から始めたらよいかわからない人は多いです。

「大損するのは嫌」「軍資金が数千万円も用意できない」「兼業なので、使える時間が限られている」といった状況下では、投資できる範囲も限られてきます。不動産オーナーとなって悠々自適な不労所得生活など、夢のまた夢です。

しかし、「みんなで大家さん」という不動産投資商品を購入すれば、100万円の少額から不動産収入を得られるのです。

少額で不動産投資できる「みんなで大家さん」

「みんなで大家さん」とは、少額で不動産投資に参加できる資産運用商品です。自分自身で不動産を運用するのではなく、多くの出資者が少額の出資を行い、その出資金で不動産を運用して賃貸利益を出資者に還元する商品です。

みんなで大家さんが投資初心者におすすめの理由

世の中には、FXや株式投資など多くの投資手法がありますが、そのような投資手法と比較しても「みんなで大家さん」は投資初心者におすすめです。信用取引で借金を背負ってしまう可能性のある株やFXを始めるよりも、まずは「みんなで大家さん」を検討することをおすすめします。

一口100万円から出資できる

「みんなで大家さん」は、一口100万円から出資できる資産運用商品です。年利回り7.0%ですので、100万円出資すると、107万円になって返ってくるということです。ただし株式投資を100万円の資金で始めても、年利回り7.0%を達成するためには、「毎日経済ニュースで必死に経済の学習をする」「リーマンショックのような急激な株価の変動を心配する」「平日の取引時間(朝9時~11時30分と12時30分~15時)に、売買を行う必要がある」など、大変なことが多いです。

そのような大変な思いをしても、収支がプラスになればよいほうだといわれています。「みんなで大家さん」であれば、そのような大変な思いをしなくても、年間の収支をプラスにできます。

優先劣後システムを採用している

「みんなで大家さん」では、優先劣後システムを採用しています。これは、対象不動産で損失が発生してしまったときに、投資家を優先的に守るシステムのことです。 運営している不動産が元本割れを起こしてしまうことはあり得ます。このようなとき、普通であれば投資家全体で損失を被ることになります。しかし、優先劣後システムであれば優先出資者に優先的に不動産の売却益などが支払われるため、投資家はリスクを回避することができます。

元本保証は現在の出資法で禁止されていますが、優先劣後システムを採用しているので、投資の抱えるリスクは最小限に抑えられています。

3年以内の短期運用で会社を運営してきた

ここまでの説明で、「みんなで大家さん」が一口100万円で出資できて、優先劣後システムを採用しているので低リスクで運用できる商品だということがわかりました。

しかし、「本当に運営を信頼した不動産投資を行うことができるのか?」という疑問が湧くと思います。「みんなで大家さん」には3年以内の短期運用で会社を運営してきた実績があります。つまり結果は比較的早く出るということです。

ここで、信頼できない会社だと判断すれば、すぐに取引をやめればよいのです。反対に、「みんなで大家さん」が信頼できる会社だと判断すれば、追加で出資することも可能です。短期運用で結果を出してきた「みんなで大家さん」だからこそ、出資者はお試しで出資することができ、信頼関係を築いてから多くの出資を行うことができるのです。

このように、「みんなで大家さん」は不動産投資を行いたいけれども初期費用が数千万円も用意できない人たちにとって、理想の運用商品です。不動産投資に興味がある初心者には間違いなくおすすめです。